親が子供の英語教材を上手に選ぶ必要性があります

無料

赤ちゃんのための胎教や産まれてすぐに 一番伸びる幼児時期の子供の学習教材
赤ちゃん 幼児
小学生の授業で英語が必修科目になります 基本的には中古でも充分に役割は果たせます
小学生 中古

英語教材の学習において重要だと言われていることの一つとして、かなり早い子供の段階から学習を始めるということがあります。
この理由として、人間にはクリティカルエイジというものがあるためです。
これはDNAに埋め込まれているもので、遺伝的にそれぞれの機能や器官が発達する年齢の上限のことをいいます。 言語であればそれを習得するには8歳から13歳までに行う必要があると言われています。 これは人間は成長するにつれて使われていない脳神経細胞が非常に短期間の間に死滅していくのですが、この13歳頃までは人間の脳が発達を続け、学習能力のピークとなるゴールデンエイジの時期だからです。 実際に、日本語だけでなく第二言語さらには第三言語の能力が高い人は、この年齢の頃から勉強を始めているパターンが多いと言われており、現に帰国子女の方はネイティブ顔負けの発音、言葉選びのセンスをもっています。 バイリンガルやトライリンガルの多くが幼少期から他国で暮らしていたなど、自然にいつのまにか身に着けていった場合が多いためです。 一方、成人してから言語を学ぶ事はクリティカルエイジの壁を超えようとすることです。 つまりDNAに埋め込まれている情報に逆らっているという事になるので、習得が非常に難しくなります。 ですから、幼少期と呼ばれるこの時期から継続して英語教材での子供の学習を行わせる必要が生じてしまうのです。

非常に沢山の会社が参入している子供の英語教材

無理にやるのではなく楽しみながら学べる子供の英語教材

しかし、子供に英語の教材で学習させると行ってもどのようにすればいいのでしょうか。
彼らからすれば他のやりたいことだってあるでしょうし、周囲の友達が遊んでいるのに習い事で遊べないなどではフラストレーションはたまってしまいます。
親からすればできるだけしっかりとやってほしいとかんがえるかもしれませんが、彼らにとっては英会話はすべてではありません。 そのため、精神的なストレスにならないような、興味を持つことが出来るテキストや環境を選ぶ必要があるといえるでしょう。 例えば、幼稚園の代わりにプリスクールへ通わせるなども手段の一つです。 まずプリスクールとはなにかですが、これは英会話によってそのほとんどのお遊戯や工作、お絵かきやお歌の時間などの内容を行う保育のための施設のことです。 そこにはネイティブの若い先生がメインでいるので正しい発音などを聞くことが可能ですので、普段の日常会話からしっかりと学習することが出来ます。 また、通っている友人の中には親がもともと外国出身の方がかなり多いため、ネイティブの発音がしっかりと出来るお友達がいるケースが多くなっています。 そのような子と仲良く慣れば、自分もスピーキングの力を身につけたいと感じるのが子供ですから、自然に英語教材でスピーキング能力とリスニング能力は鍛えられるでしょう。

目的によって選択する子供の英語教材は異なります

ナチュラルでネイティブな発音を学べる子供の英語教材は?

また、外国人に見られる自己発信の能力を身につける英語教材のカリキュラムも組まれているので自然と会話を活かすことが可能となります。
ただし、このプリスクールに通うことは通常の費用よりも高く、二倍ほどもかかってしまう場合や、スクールのお庭が小さいのであまり運動などが出来ず、子供からすればもっと遊びたいのにという不満を感じる場合があります。
また、集団生活を経験させるという点では、生徒が少ないためどうしても私立の幼稚園に比べると物足りないかもしれません。 また周囲に同じ小学校へ進学する子が少ないために、就学後に友達ができにくかったりする可能性が生じるというマイナス面があるため、学習について以外の問題点をカバーできるかどうかが大切になります。 英語教材ではなく通常の幼稚園に入学した場合や小学生の子供向けのものとしてはこのような保育施設ではない、各種教室が行っている幼児コースや小学生コースがあります。

ネイティブな発音を磨くための子供の英語教材

個別指導や英語教材での学習でコミュニケーション能力を養う

こういったところではどの発達段階ではどの段階まで英語の能力を伸ばすのかということを計画的に行って学習が出来るようになっています。 子供の個人個人に合わせたオリジナルの教材を用いている事も珍しくありません。
長年のノウハウが英会話教室にはありますので、プロに安心して任せることが可能です。
これは単に学習だけでなく友達作りの場などにも生かせますし、大人とのコミュニケーションの取り方という意味でも学ぶことが多いので豊かな成長を促すことが可能です。 ただ、このようなプリスクールも英会話教室の各種コースも金銭的に余裕がなければ出来ません。 ネイティブの先生に教えてもらうということもあり、非常に高いスピーキング能力などを身につけることが出来るとも言えますが、個別指導とまではいかないので上手くいかなければ置いてきぼりのような状態になるリスクも背負っていますし、学校だけで精一杯であったらこちらのスクールなどが無駄になってしまう危険性もあります。 そのようなリスクを回避するためには普段から英語に興味を持ってもらう必要があると言えます。 そのような教材には次にあげるものが良いと言えます。 まず、イギリスやアメリカの洋楽を子供に聞かせてみるのも手かもしれません。

コミュニケーション能力が身に付く子供の英語教材

英語学習教材だけではなく日常的に映画や音楽で耳を鍛える

音楽が好きな子が英語教材で学習する際に洋楽にもしも興味をもったなら、好きな歌の意味を自力で理解したいと考えるのが子供です。
その必要なツールが何かを考えると学習意欲は非常に向上しますし、自分で自由に意訳する練習にもなります。
また、スマートフォンやインターネットを使った学習資料を使うこともその手段の一つです。 このような機械類は子供が好むものですし、ゲーム感覚で行えるものはついやりこんでしまう事も珍しくありません。 この中にはフリーで手に入れることが出来るアプリもあるので家計の面でも非常に優秀だと言えます。 先に親御さんが一度やってみてどれが良さそうか選択することもできますし、ただのゲームアプリをやらせておくよりも会話の力をアップしやすくなることは間違いありません。 もちろん大手出版社が出している本なども上手く使うことが出来ます。 絵本などを読み聞かせたりすることで身近に感じさせることも可能です。 また、漫画などで訳されているものを買い与えてみるも良い方法だと言えます。 ただ漠然と文を読むだけでなく、映像として具体的にイメージができるようになることは非常に良い点だと言えます。 このように様々な教材などが英語学習を行う上であります。これらを上手く組み合わせて継続した学習ができるようになることが大切です。 もちろん、その他の学習や人間関係などに配慮した上で上手く興味をもたせるという事を念頭に置いておくことが肝心だといえるでしょう。

音楽や映画やドラマやアニメなど子供の英語教材は豊富

このページの先頭へ